uber配達イメージ
イメージ

ウーバーイーツ(Uber Eats)配達員の特徴

ウーバーイーツ(Uber Eats)の配達員の特徴はなんと言っても、自分が空いた時間に働くことができることです。働きたいと思ったら、空いた時間に専用のスマートフォンアプリをオンラインにするだけです。そして、仕事を切り上げるにはアプリをオフラインにするだけで業務を完了することができます。
登録資格は18歳以上であれば男女の区別なく、50歳以上のシニアの方も多く活躍されています。
普段お仕事をされている方の副業として稼ぐことはもちろん、主婦や、ウーバーイーツ(Uber Eats)の配達員として専業で稼いでいる方も多くいらっしゃいます。
ウーバーイーツ(Uber Eats)の配達員は自転車、または125 CC以下のバイクでの配達業務となります。事業用ナンバーを取得している方であれば普段業務で使用している車やバイクで配達することもできます。
1日に稼働することができる最大時間は12時間以内で、配達員専用のスマートフォンアプリをオンラインにした時間が12時間を超えると6時間以上オフラインにしないと稼働することができないシステムになっています。
ウーバーイーツ(Uber Eats)を利用している飲食店の注文を受け付ける時間がもっとも早い地域で午前9時からで、もっとも遅い受付が午前0時までとなっています。
つまり、最大午前9時から午前0時までの間で空いた時間にアプリのオンライン時間が12時間以内であれば稼ぐことができることになっています。あなたの空き時間が深夜の場合はウーバーイーツ(Uber Eats)では働くことができないことになります。
また、天候や気象状況により配達業務を制限される場合があります。
現在では日本の都市全てでサービスが行われていませんが、順次サービスが開始されることが期待されています。

ウーバーイーツ(Uber Eats)の配達を始める前に注意しておきたいこと

ウーバーイーツ(Uber Eats)の配達パートナーとしての立場は個人事業主という扱いになります。
このためアルバイトとして雇われているという意識は持つべきではありません。
ウーバーイーツ(Uber Eats)の業務上の責任は配達パートナーとしての責務を全うする必要がある立場であり、ウーバーイーツ(Uber Eats)に雇われていると言う意識では個人の責務を全うすることは難しいでしょう。
今までに、サラリーマンやアルバイトあるいは契約社員としての立場しかとっていない方には感覚的に自分自身で職務上の責任を全て覆うということはハードルが高いと思うかもしれませんが、個人事業主としての責任と義務が生じることを理解しておくべきです。
つまり、配達現場におけるトラブルはウーバーイーツ(Uber Eats)のサポートに相談はできるものの自分自身で解決しなければいけない場合が多くあります。
また、ウーバーイーツ(Uber Eats)を利用される注文者様に対して気持ちのいい対応でお届けすることが望ましいため、良識ある受け応えができるよう心がけましょう。
実際にウーバーイーツ(Uber Eats)では、評価システムが存在し評価が著しく低い配達パートナーは配達業務を全うすることが困難になり、ある程度の高評価対象者のみに仕事が依頼されるシステムになっています。
また、体が資本となる業務なため、自己の体調管理には十分注意したいところです。寒い季節や暑い季節は特に気を使う必要がありますね。