ウーバーイーツ(Uber eats)のコツ。稼ぎに断然差が出る車両選びについて考える

ウーバーイーツ(Uber eats)の車両選びは重要です。基本的にスピードが出る車両を選択することによって稼ぎに大きな差が出ます。
一軒の配達をスピーディーにこなすことができれば次の配達の受け付けを増やす可能性を多くとることができます。
待機場所や天候などの環境によって諸条件は変わってきますが、受付時間を増やすことにより配達件数を稼ぐことができれば、それだけ収入を増やすことが可能になるわけです。
特にウーバーイーツ(Uber eats)で専業として働くことを考えている方や本格的にウーバーイーツ(Uber eats)で稼いでいこうと考えている方には非常に重要な選択の1つとなるでしょう。そして、ウーバーイーツ(Uber eats)の配達をはじめてみたものの、思うように稼ぎの結果を出せていない方は改めて車両選びを検討してみることをお勧めします。
では、どのような車両を選べば良いのでしょう。
今回は車両について詳しくお伝えしていきたいと思います。

125cc以下のバイク

配達速度は断然バイクが早いでしょう。もちろんバイクの排気量によってかなり差がでます。
50ccの排気量のいわゆる原動機付バイクと呼ばれているものは法定速度が30kmまでしか出せません。ロードバイクなどのスポーツ自転車は瞬間的に30km以上のスピードが出るため下り坂や平坦な道では自転車以下のスピードになってしまいます。
可能であれば125ccのバイクがスピード面でも体力面でも有利です。
バイクのウーバーイーツ(Uber eats)の配達は体力に自信がない人でも自転車に比べて体への負担が少なく済みます。
ウーバーイーツ(Uber eats)の収入のシステムはピックアップのお店から配達先の距離が遠くなるほど報酬が高くなります。そして自転車に比べ高速で移動が可能なバイクでの配達はロングドロップと呼ばれている報酬が有利になる配達の受付が多く入る傾向にあります。
反対にウーバーイーツ(Uber eats)の配達員泣かせのロングピックといって商品の受け取り先のお店まで遠い場合が多い傾向もバイクの特徴となります。ロングピックは、どんなに遠くても報酬に反映されないため、受け取り時間がかかるほど損な役回りとなります。
バイクの場合自転車に比べて一方通行などで、最短距離で配達できない場合があったり、配達場所によっては駐車違反の対象や時には理不尽とも思える道路交通法遵守しなければならないということがデメリットといえます。
道路交通法違反による罰金はあっという間に稼ぎを失ってしまいます。
また、バイクの場合ガソリン代や保険料、車両税、車両本体の価格などの維持費が自転車に比べて大幅にかかるため、計画的に売上と経費を考えてウーバーイーツ(Uber eats)の配達を行わなければジリ貧になってしまいます。

e-Bike(電動アシスト付き自転車)

e-Bike(電動アシスト付き自転車)とは電動アシスト付き自転車のことをいいます。一言でe-Bike(電動アシスト付き自転車)といっても車種により様々なタイプが存在します。
e-Bike(電動アシスト付き自転車)の特徴はなんといっても漕ぎ出しが非常に軽いため坂道やスタートダッシュがスムーズに行うことができることです。そして、向かい風などの走行条件が悪い環境でも体に負担をかける事なく走行が可能です。
ウーバーイーツ(Uber eats)の配達で多くの方が利用されている。いわゆる赤チャリと呼ばれている、ドコモシェアバイクもe-Bike(電動アシスト付き自転車)の1つですね。
クロスバイク、ロードバイク、マウンテンバイクなどのスポーツタイプのe-Bike(電動アシスト付き自転車)は断然スピードが速く走行できます。
ミニベロ、シティーサイクルなどのタイプはあまりスピードを出すことができません。
この違いは電動アシスト自転車のタイプによってモーター部分の規格が違うからです。
一般的に日本国内では、スポーツタイプのe-Bike(電動アシスト付き自転車)は時速25キロメートルまでアシストされますが、それ以外のタイプのe-Bike(電動アシスト付き自転車)は時速20キロメートルまでアシストされる仕様に設計されています。
ただ、ここで注意していただきたいのはどちらのタイプのモーターも25kmないし、20kmのスピードでいつでも走行できると言うわけではありません。ここまでのスピードを出すにはやはりある程度の脚力と持久力そしてペダルをこぐ回転数によって違ってきますし、スピードを出すにつれて電動アシストされる力が弱まってきます。
自転車のタイプで一般的に車輪が小さい方が、スピードを出すのに不利と言われています。このため可能であれば、スポーツタイプのe-Bike(電動アシスト付き自転車)を選択することがウーバーイーツ(Uber eats)の配達のためには有利です。
スポーツタイプ以外のe-Bike(電動アシスト付き自転車)は、赤チャリを含めスピードを出して走行することが、困難です。
実際に赤チャリに乗っている方はよくご存知だと思いますが。あっという間に電動アシストが付いていないスポーツタイプの自転車に抜かされてしまう経験が多くあると思います。
私は配達時にはマウンテンバイクを使っていますが、赤チャリでウーバーイーツ(Uber eats)の配達をしている方には大変恐縮なのですが、赤チャリが前を走っていると非常に邪魔だと感じてしまうことが多々あります。特に車道を走っている場合、後方から自動車の走行が頻繁な場合抜き去るタイミングを見つけるのが大変な場合があり、イライラしてしまうこともあります。
小径の車輪の自転車は漕ぎ出しは軽やかですが、スピードは出しづらいという特徴があります。

ロードバイク

自転車のあらゆるタイプの中で、最もスピードが出るように設計されたものがロードバイクとなります。
ロードバイクの最も特徴的な外見はハンドルがドロップハンドルと呼ばれている下に向かってカールしているハンドルがシンボルともいえます。
フラットバーハンドルのロードバイクも存在しますが、アップダウンなどの道路状況に合わせてハンドルの持ち方を変えながら体制を変化させることができるドロップハンドルの方が高速走行には適しているといえます。
ドロップハンドルの機能性はアップダウンや平坦な道によって体制を最もスピードが乗りやすい体制に変えることでスピードが出せるようになっています。常に前傾姿勢になるため不慣れな方には辛い体制に感じることがあるかもしれません。
もう一つの特徴はタイヤが細い事です。
一般的に細いタイヤは車両自体の軽量化のために快適な走りを実現させることができます。
ロードバイクのタイヤは23mmから28mmが一般的です。
ディレイラーと呼ばれる変速機はフロント1〜2変速、リア8〜9変速が一般的で可段変速が多いものはアップダウンの激しい道路に素早く対応するのに適しています。
車両の価格帯はエントリーモデルで100,000円前後になっています。
極端に価格が安い場合はパーツが高速走行に適さないパーツが使われている場合がありますので注意しましょう。
特にタイヤのチューブのバルブが英式バルブの場合シティサイクルにドロップハンドルが付いているだけと思ってもいいかもしれません。ロードバイクのタイヤは通常高圧力の空気圧で始めて高速走行が可能になります。英式バルブは形状の機能上安定した空気圧を保つことができません。たとえ一時的に高圧力の空気圧にしてもすぐに空気が抜けてしまいます。
ロードバイクのチューブのバルブは米式(アメリカンタイプ)か仏式(フレンチタイプ)のものかチェックしましょう。
フレームの素材はカーボン、アルミ、クロモリ、チタンなどがあります。主流はハイエンドモデルはフルカーボンで、エントリーモデルはアルミ素材が多いです。
フルカーボンモデルの特長はカーボン自体が衝撃を吸収するため乗り心地は良好です。その反面横からの衝撃に弱く破損してしまうと修理費用が大変高額で定期的にカーボン検査をしなければ安全に使用することができないためメンテナンスにも高額な費用がかかります。
素材自体の軽さから高速走行に有利ですが価格が非常に高価で125ccのバイクより高価なものが珍しくありません。ウーバーイーツ(Uber eats)の配達にはオーバースペックと言えるかもしれませんね。
ウーバーイーツ(Uber eats)の配達にはアルミフレームや部分的にカーボンが使用されているタイプが適しているのではないでしょうか。
アルミフレームのロードバイクは乗り心地と素材自体の重量はカーボンに劣るものの耐久性はカーボンより汎用性は高いといえます。
車両の価格もカーボンに比べ安価に抑えることができます。
ロードバイクで安全に走行するためにはブレーキの種類もチェックしてみましょう。
大別してロードバイクのブレーキの種類はキャリパーブレーキとディスクブレーキが主流になっています。
キャリパーブレーキの特徴としてのメリットはメンテナンスが簡単なことです。
パンクなどでタイヤやチューブ交換をする場合簡単にリムを取り外すことができるためタイヤやチューブの交換が容易にできる特徴があります。
デメリットとしてブレーキとしての制動性は比較的弱く高速走行している場合は急停車が難しく、特に雨に弱いため車道を走る際には走行スピードに注意しながらブレーキをコントロールしなければなりません。
ディスクブレーキのメリットは制動性が高く雨でも比較的安定したブレーキコントロールが可能です。
デメリットとして高速走行中に急ブレーキをかけた場合、タイヤロックしてしまいタイヤがスリップして不安定になる恐れがあります。
また、メンテナンスが比較的難しくタイヤやチューブを交換する際、専用工具がないと交換できないためパンクの際のタイヤやチューブの交換は専門店に依頼するのが無難です。
そして、ディスクブレーキのパーツも比較的高価なためメンテナンス費用がかさんでしまう場合があります。
ロードバイクのタイヤはリムと呼ばれるホイールの性能差にもよりますが、縁石などの段差にぶつけるとリム打ちといってホイールが変形してしまったりパンクの危険性を大幅に高めてしまいます。
このため急に歩道に乗り上げたり悪路を走る際には注意が必要です。
ロードバイクは舗装された道を安定して走行するよう設計されているため、悪路には弱いです。場合によっては自転車を降りて移動した方が良いでしょう。
ロードバイクはタイヤが細いため急カーブではスリップに注意する必要があります。
住宅街の入り組んだ道では小回りがきかないためウーバーイーツ(Uber eats)の配達には、不利になる場合があります。しかし、それを補って余りあるほど幹線道路では高速に移動することができます。

クロスバイク

クロスバイクは一般的にロードバイクの次にスピードが出るよう設計されたタイプの自転車です。
スポーツバイクは大別して3種類に分けた場合ロードバイク、クロスバイク、マウンテンバイクに分けられますがクロスバイクは、ロードバイクとマウンテンバイクの中間的な位置づけになります。
ハンドルは街乗りに適したフラットバーのハンドルが多く採用されています。
タイヤの太さが30mm前後となり、ロードバイクよりも衝撃が少ないため乗り心地が安定します。
フレームやリムを含めたパーツが重量化されるためロードバイクに比べて加速性は劣ります。
自転車は本体の重量が軽いほど高速走行に有利とされているため、この差が加速性に違いが生まれます。
クロスバイクの価格帯は50,000円から100,000円のラインナップが主流になっています。
フレームの素材はアルミが主流となっています。
クロスバイクのハイエンドモデルは200,000円以上となり、ロードバイクと同じようなカーボンフレームが使われています。
ハイエンドクラスのクロスバイクはロードバイクのエントリーモデルよりも軽量化が図られており快適な走りができるでしょう。
前述した通りタイヤのバルブの形状にはやはり米式(アメリカンタイプ)か仏式(フレンチタイプ)のものをチョイスするようにしましょう。
クロスバイクのブレーキはVブレーキと呼ばれているものが主流になっています。
Vブレーキはキャリパーブレーキよりも制動性が高くロードバイクよりも重たいリムをしっかり抑えこむ力があります。
クロスバイクは幹線道路での走行はロードバイクに劣るもののある程度スピードが出せますし、住宅街の入り組んだ道でも小回りが利くため、ウーバーイーツ(Uber eats)の配達に最も適したタイプの自転車と言えるのではないでしょうか。

マウンテンバイク

マウンテンバイクはその名の通り山道のようなでこぼこしたダートコースを走るために設計された自転車です。
スポーツバイクの中では、悪路を走るために設計されているためフレーム、タイヤなどのパーツが最も頑健な作りをしています。
スポーツバイクの中では雨などの環境の悪い道路状況でもスリップが比較的少ないなどの特徴があります。
マウンテンバイクの外見的な特徴は、太いフレームに太いタイヤそして衝撃を吸収するためにサスペンションがついているものが特徴的です。
マウンテンバイクの中でもフロントサスペンション、リアサスペンションの両方がついたフルサスペンションタイプ。ハードテイルと呼ばれているフロントのみサスペンションがついたタイプ。フルビジットと言ってサスペンションがついていないタイプに分けられます。
現在のマウンテンバイクの変速機の主流はフロントが1〜2、リアが11〜12となっています。
ブレーキはディスクブレーキが主流となっており雨の日も安定したブレーキコントロールで比較的安全な走りができるようになっています。
パーツの構造上スポーツバイクの中では最も重くスピードを出すためにはある程度の脚力とテクニックが必要です。
またサスペンションがついたタイプのマウンテンバイクは坂道などでサスペンションの影響で力が逃げてしまい推進力が損なわれる場合があります。すべてのマウンテンバイクにそなわっている機能ではありませんがロックアウトと言ってサスペンションを固定してしまう機能が付いているマウンテンバイクの場合、道路の環境によってサスペンションを固定すると推進力が調整できます。ただし、この機能を常に使用している場合はサスペンション自体に負荷がかかりロックアウトの機能を継続すると破損の原因になる場合があります。
ウーバーイーツ(Uber eats)の配達に適したマウンテンバイクはハードテイルまたはフルリジットのタイプが適しているのではないでしょうか。
現在ではマウンテンバイクのフルリジットタイプは入手が難しいようですが、マウンテンバイクの中ではウーバーイーツ(Uber eats)の配達におすすめです。
サスペンションがついていない分、本体自体の重量が抑えられて他のタイプのマウンテンバイクよりもスピードが載せやすいためです。
ちなみに私がウーバーイーツ(Uber eats)の配達で使用している車両はサスペンションがついていないフルリジットタイプのマウンテンバイクです。
基本的にマウンテンバイクは山道を走るために作られているため、ブロックタイヤと呼ばれるゴツゴツしたタイヤが一般的ですが、よりスピードを出すためにはスリックタイヤと呼ばれるゴツゴツしたブロックが付いていないタイヤに変えることでスピードが出しやすいマウンテンバイクとなります。

ミニベロ

ミニベルと呼ばれる自転車はタイヤが20インチ以下の自転車で、小径車とも呼ばれています。
ミニベロの特徴は小回りが利き、漕ぎ出しが軽いのが特徴です。多段変速が付いた機種であればある程度のスピードを出すことが可能ですが、基本的には高速走行をするのは難しいタイプの自転車となります。
ウーバーイーツ(Uber eats)の配達として使用する場合短い距離で、入り組んだ住宅街等の小回りをきかせて配達するのが得意な車両となります。
またミニベロの特徴の1つで折りたたみ機能が付いた自転車の種類も多く、電車やバスなどに積み込んで移動できることも1つの魅力です。
公共機関に自転車を積み込む場合は専用の輪行袋と呼ばれる袋に入れなければ持ち込みができない場合がありますので注意しましょう。
価格帯は50,000円からのものが一般的で、10kg未満の重量のものが人気があります。
ミニベロはスタイリッシュなデザインのものが多く揃っています。このため見た目だけで選んでしまうと機能的にウーバーイーツ(Uber eats)の配達には苦戦を強いられることもあります。最低でも多段変速機がついたものをチョイスする必要があります。
自転車はタイヤが小さければ小さいほどスピードが出にくいと言うことを覚えておきましょう。ミニベロの中でもオススメなのはやはりスポーツタイプに近いミニベロで、タイヤは米式(アメリカンタイプ)か仏式(フレンチタイプ)のバルブがある程度のスピードを出すためには向いているといえます。

シティサイクル(ママチャリ)

シティサイクル(ママチャリ)は、最も出回っている自転車の1つで、中には10,000円を切るものもあるほど手軽に買える自転車です。
ですが、ウーバーイーツ(Uber eats)の配達には、これほど向いていない自転車はなく、配達には過酷を極め稼ぐ事は絶対にできないと言っても過言ではありません。
シティサイクル(ママチャリ)でウーバーイーツ(Uber eats)の配達をしている方やこれから始めようと思っている方は今すぐに車両を変える必要があります。
特に、変速機がついていないタイプのシティサイクル(ママチャリ)は、たとえ競輪選手並みの脚力があったとしても扇風機並みの回転で自転車をこがなければスピードを出すことができません。また高速走行のためのパーツが付いていないため、仮にスピードを出した場合、高速走行に耐えうるブレーキパーツが使用されていないため安全に停止する事はできません。
変速機でも多くて6段程度で、泥よけやチェーンカバー、カゴや荷台、重たいスタンドなどいろいろなパーツが付いているため車両自体の重量も重く中距離を移動するのにも他の自転車と比べて格段に性能が落ちます。